ひときわ輝いていました

先日日産のショールームに行く機会があったんです。

そこで、日産の車をいくつか見ていたんですが、その中でもGTRがひときわ輝いていましたね。

京都 風俗

GTRと言えば私が子供の頃からあこがれのスポーツカーでした。

独特のエンジン音、加速性など今でも色あせる事なく輝いていましたね。

せっかくなので、運転席に乗ってみたんですが、車高も低くてとっても乗り心地が良さそうでした。

この車で、レインボーブリッジなんかをドライブして見たいものです。

ショールームには恋人と一緒にいったのですが、恋人も「いつかこんな車に乗ってドライブ出来たいいね。」

そんな風鵜にいっていました。

とはいっても、値段はなかなかのものです。

なんと1000万近く。

下手したらベンツの方が安く買えるかも知れませんよね。

それでも、昔から憧れていた車として、私には外車よりも魅力的に感じます。

昨今は燃費のいい、エコカーばかりがもてはやされますが、車本来の魅力にはかけているような気がします。

車本来の魅力とは、この車に乗ってみたいとかあこがれを持てる車だと思います。

この車なら財布にも優しいとかそういう魅力とは違うんですよね。

でも、GTRは燃費が悪いですし、維持費も年間100~200万程度はかかるそうです。

庶民が持てる車ではないですね(汗)